スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
骨折10日目 容態急変&示談
2008 / 08 / 20 ( Wed )
今日は、社長に怪我を負わせた犬の飼い主との話し合いの日。
昨晩、事故の状況説明から経緯をまとめた紙、これまでにかかった治療費のまとめ、事故直後からの写真を用意していました。

さー、どんな話し合いになるのか・・・と思っていたら、朝からおかしい社長の容態。

080820_1.jpg

近くに寄っても顔すら持ち上げません。

それより前に見ていた妻の話を聞くと、やはり妻が近づいたときにもほとんど動かなかったそう。
ただし、妻の場合は知らん振りすることが良くあるけれど、自分が近づいたときにほとんど動かないなんてことはない。

おかしいな、と思い、ケージの入り口を開けて様子を見てみると、目は開いているものの時々体をびくつかせていました。

幸い、すでに病院は開いている時間。何かあっても困るので、急いで病院へ!!と支度してから迎えに行くと、しれっとした感じの社長。

「あれ?」と思いながら、様子見にベランダに出してあげると、よたつきながらもオシッコをして日向ぼっこ。

寝起き直後だったのかな?なんて思いながら様子を見て、ケージに戻したところ、しばらくするとやはり先ほどと同じようにぐったりの社長。

相手方との話し合いもあり、もし何かしら異常があるとしたら話し合いの前に分かっていたほうが良い、と思い、やっぱり病院に連れて行くことに。

病院では、血液検査などをしてもらったものの、異常はみうけられず。ただし、体温が39度以上。先生が言うには、大きな手術を受けたことや骨折部の消毒などで、抗生物質を投与したことなどから、体調が崩れているかもしれない、ということでした。

とにかく、休ませてあげることが大事、ということで家につれて帰って涼しい玄関のケージへ。

080820_2.jpg
薄目を開けているものの、朝にもましてぐったりした感じの社長。

朝は、水も飲まず餌も食べなかったので、心配になり給水器に大好きな牛乳に薬を混ぜて与えたところ

080820_3.jpg

やっと口に入れてくれました。ちょっと多すぎるかな?と思った量でしたが、カラカラ、カラカラとあっという間に飲み干しました。やっぱり喉乾いてたのかな?

すばらしい飲みっぷりだったので、もしかしたら、と思いドックフードも与えてみることに

080820_4.jpg
するとポリポリ食べてくれました・・・が、ついでにいけるかと思った錠剤は見事に吐き出しました。こんな状況でもやっぱり選り好みするんですね、社長・・・。

その後、たまに近くを通っても微動だにせず、「まさか、死んじゃったんじゃ・・・」と何度か思いましたが、いつも薄目をあけてじっとしてるだけと分かって一安心。


そして午後、相手方の家に資料を持って伺いました。

細かいところは省きますが、結果としてはこちらが掲示した治療予測の総額をお払いいただくこと、そしてこちらが変更・再請求などをしないことで示談が成立しました。といっても、全面的にこちらの要望に応えていただいた形です。
何かもめたら、と考えて周到に準備したつもりで望んだのですが、それが返ってよかったのかもしれません。相手方は、最初から責を負ってくれるつもりでしたが、結構短時間で話し合いを終えることもできたので。

人対人のことなので、心配していましたが、これで一つ肩の荷が下りました。相手方が誠実な方で何よりでした。ちなみに相手の犬はなんだかよくわからない雑種でした。改めてみてみると、結構体も大きくてがっしりした犬でした。8歳で、普段は大人しいとのこと。だからこそ、突発的なトラブルが日常起こりうるということなんでしょうね。


後、心配なのは社長の体調。病院にいって大丈夫だということだったので、後は社長の体力を信じて回復を待つしかありません。

びくっびくっとした痙攣が未だに続いていますが・・・本当に大丈夫なんですか?社長・・・。


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンド

テーマ:イタリアングレイハウンド - ジャンル:ペット

23:22:56 | 骨折治療 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
骨折9日目 体臭
2008 / 08 / 19 ( Tue )
この日は、退院後の初の通院日。
昨日の出張から帰宅後、ちょっと遅くまで寝た後に、妻の実家へ。

まだ朝のおしっこをしていない、ということなので庭に出して朝のお勤めタイム。

08081901.jpg
「そない待ち構えられても、しづらいんやけど・・・。」

こっちだって別に趣味で見届けようと思ってるわけじゃないんだけど、じっと観察されているとどうしてもしにくいらしいです。

でも、朝はやっぱりもよおすらしく、少し目を離すと腰をかがめてこっちを見つめてました。
どうしてなさっている時は、すこし情けない顔になるんだろう・・・。



その後病院に行き、診察。異常もなく、包帯を取り替えて薬をいただいて帰ってきました。

家についてからは、一番涼しい玄関のケージへ。


その後、夜になっていつものケージに戻したのですが・・・玄関が臭い・・・。
実は骨折したのが、「そろそろお風呂にいれないと」と思っていた矢先。さすがににおいが強烈になってきました。おかげで玄関先には社長のにおいが充満。

これからまだまだ介護が続くので、何か対策を考えないといけませんね・・・。


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンド

テーマ:イタリアングレイハウンド - ジャンル:ペット

22:26:05 | 骨折治療 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
骨折7日目 おしっこ対策 / 骨折8日目 出張
2008 / 08 / 19 ( Tue )
いよいよ退院した社長。ほとんどケージの中で過ごしていますが、甘えた声もあまり出さず、足が痛いからか割とおとなしくしてくれています。

7日目(おしっこ対策)

社長の介護の中で、気をつけないといけないのは薬とシモの世話。薬は毎日与えればいいのですが、シモの方はできるだけ準備してからさせてあげないといけません。



よたよたしながら歩いていますが、骨折箇所の左前腕。サランラップが巻いてあります。おしっこをする時にかかってしまうと、蒸れる&バイキンが繁殖するということで、おしっこする時には事前に巻いています。
ただし、巻きっぱなしだとそれはそれで蒸れてしまう一方なので、ケージの中でかかってしまったら乾いたタオルなどで拭き取るように言われました。

でも、トイレに行くタイミングにこんなに気を使うなんて、トイレトレーニングのとき以来です・・・。

暑さも引いてきた夕方には、世間一般の盆休みも最後の日、ということで両親の家へ。好天の海を眺めながら家族風呂してきました。

080817.jpg
「こちらに見えるのが静岡市の海でーす。」

社長も、よろけながらも元気になってきたので、ほっと一息ついてきました。ゆっくりお風呂に入ると、思ったよりも疲れていたことが良く分かりました・・・。


8日目(名古屋出張)

社長もしっかり餌を食べ、よろけながらもテクテク歩くので一安心。昨日の留守番も問題がありませんでした。
実は、15日から友人を含む外国人団体が来日。16日に東京で会うつもりが、今回のどたばたで中止になってしまいました。

ところが、この日に移動する名古屋にヘルプに行くことになり、社長の介護もケージに入れておけば大きな世話もかからなさそうなので、妻子と社長を妻の実家に送った後に名古屋へ。

昼過ぎに到着が、団体が名古屋に着いたのが3時過ぎ。その後、予定していたルートの半分をまわり、次の目的地、大阪まで送り出しました。

080818.jpg

こんなん街中で会っても、友人や知人じゃなかったらドン引きです(笑)。

結局、帰宅したのは日付が変わった後。妻にその間の様子を聞いたら、ゆっくりだけど芝生の上を気持ちよさそうに歩いていた、とのこと。

リハビリするにはいつもの芝生は気持ちいいでしょうねぇー。


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンド

テーマ:イタリアングレイハウンド - ジャンル:ペット

02:15:20 | 骨折治療 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
骨折5日目 花火大会 / 骨折6日目 退院
2008 / 08 / 16 ( Sat )
昨日は、イベントでずーっとでかけていたので、今日も2日分まとめてです。


5日目(花火大会)

先生からは、今日退院でもいいと言われていたのですが、生憎、出し物のひとつが自分担当のイベントがあって、昨晩から忙しかったために翌日退院にしてもらいました。
昨日、順調に回復すればまた走れるようになると聞き、肩の荷が少し降りたので気持ち的に大分楽になりました。

イベントは、とある団体の大幅な遅刻のほかは順調に進み、自分の担当も無事に終了。

080815_02.jpg
子供たち対象のインラインスケート体験会

080815_03.jpg
プロの方によるデモンストレーション

もちろん自分はカメラ係(笑)。イタグレが同じ事やったら確実に骨折れますね(--;。



お陰様でメインの花火大会はゆっくりと楽しむことができました。

打ち上げる数はそう多くないのですが、すごく近くで打ち上げるにため大きく見えます。何発もどかどか打つよりも、ひとつひとつの形を楽しめるペースなので、割と好きな花火のあげ方です。

この花火大会のメインは地元保存会の方による手筒花火。昨年は近くで見ることができませんでしたが、今年はしっかり見ることができました。

080815_01.jpg

花火のところに人が立っていますが、手筒花火はこんな風に花火が出る筒を人が支えます。もちろん、体には火の粉が降り落ちるわけです。そして、自分の作った花火をそれぞれ打ち上げるそうです。

ちなみに動画で見るとこんな感じ。



花火が終わるときにバーン!と弾けるような音がします。最後は10人以上が一斉に打ち上げたりして、ものすごい迫力です。
何万発があげる花火大会でも、ここまでの迫力はないですよ!

こんなに素敵な花火大会ですが、社長は大の花火嫌い。イベントのある日の告知の花火などでも、聞いただけでキャンキャン吼えます。一度机の下にもぐりこむと出てきません。雷のときと反応同じ(笑)。今回の花火大会は、一番自宅に近いところで行われるので、入院してても社長にとっては不幸中の幸い、かな?

骨折の情報を集めていたときに、花火大会で抱っこしてたら暴れて飛び降りて骨折、というのが結構あったので、花火大会のときはみなさん気をつけてくださいね。


そしてこの日の朝7時頃、相手方より連絡が入りました。週明けに話し合いになりそうです。



6日目(退院)

昨晩はデモンストレーションを行ったプロ数人と宿泊

080816_01.jpg

強烈な朝日で目が覚めました。

自分は朝7時から昨日の片づけがあるため、花火会場へ。早朝なのに片付けていたら汗だくになりました。日中だったら死んでたな、こりゃ。

今日はいよいよ社長退院の日。でも退院後、かかりっきりで動けなくなると困るので、とりあえず仕事を済ませてしまうことに。昨日の道具の片付け、洗濯、掃除、布団干し、出席者・アンケート集計などなど行った後にしばし昼寝。ここのところ寝不足と心労が続いたせいか、寝ながら思いのほか疲れを実感しました。

夕方、妻子のいる妻の実家に行った後、動物病院へ。受付で話をしていると奥から社長の呼ぶ声。入院後、電話をするといつも鳴いていたけれど、今日もやっぱり鳴いていました。受付の人に「甘えんぼさんでね~、よく鳴くんですよー。」と言われてしまいました。痛い目にあってしょげているからか、連れ帰った後がちょっと思いやられました。

会計を先に済ませ、しばらく待ったあとにいよいよご対面!

診察室に入ると、エリザベスカラーとギプスをつけた社長の姿。

ぎこちなくも、骨折した左前足をつけて立つこともあり、大分楽になっていそう。早速甘えてくる社長(社長に甘えられるという字面がなんだか変だな・・・)をなでながら(社長をなでるのもなんか字面が変だな)帰宅後の説明を受け、帰路に着きました。

自宅では、事前に綺麗にしてあったケージでお出迎え。

080816_02.jpg
「なんや、しばらくおらんうちにちょっと中の感じ変わったか?」

ええ、お医者様に言われたので、段差の少ないバリアフリー仕様でございます。


もともとはおしっこがベッドに散らないようにかごをベッドに使っていたのですが、今は変に足を躓く原因になりかねないということだったので無くしました。

他にも、
左前足の包帯に、極力おしっこがかからないように気をつける
おしっこポイントでさせるときには、ラップなどで前足を包んでかからないようにする
なるべくケージの中で過ごさせ、無茶させない
など。

わかりましたか、社長?

080816_03.jpg
「あ~、ここあっつうてそれどころやないねん。あ~、あぢ~」


まぁ、病院のほうが気温的には快適だったかもね。


080816_05.jpg
「うわっ!あっこに座ってる婆さん前に居らんかったで!誰やねんおとん!」


帰ってくるなりそういう変なこといわないでください。


080816_04.jpg
「く、首がまわらへん!!誰やねん、ひっぱってんのは~!!」


社長、エリザベスカラーがビニールシートに引っかかってるだけです。


とはいえやっぱり我が家。あっという間に馴染んでくれました。最初は少し離れるとくんくん鳴いていましたが、今はすっかり静かです。エアコン入れてからじきに静かになったので、寂しかったというよりは気温を下げて欲しくて鳴いていたのかもしれません(笑)。

ともあれ、社長がいよいよ帰ってきました。明日からは介護日記になりますね、こりゃ。


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンド

テーマ:イタリアングレイハウンド - ジャンル:ペット

23:38:23 | 骨折治療 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
骨折4日目 術後説明
2008 / 08 / 14 ( Thu )
昨日、手術の説明を聞きにお世話になっている動物病院に行ってきました。

細かい話は省いて結論から言うと・・・



手術は成功、経過も順調、このまま問題がなければ3ヶ月くらい後には元の通り走れるようになるそうです!

あとは帰宅後のケアをしっかりがんばれば

080814.jpg
「しゃちょー、あれなぁにー?」
「ん?なんや、あっこにおるのはやなぁー」


二人だけしか見えないもので会話してるところがまた見れるように・・・これは見れなくても、いいか?




とにかく、いやー、よかった、ほっとした。



これからイベントの準備に入るので、細かい話はかけませんが、時間はかかるけどもとのように走れるようになると聞き一安心でした。


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンド

テーマ:イタリアングレイハウンド - ジャンル:ペット

23:00:00 | 骨折治療 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
骨折2日目 病院へ、そして手術 / 3日目 家族会議
2008 / 08 / 13 ( Wed )
昨晩、書いている最中に寝てしまったので、今日は2日分まとめてです。


2日目(骨折翌日)

昨日、左前足を骨折した社長。応急処置を終えて痛みも和らいだのか、夜中になるとちゃんと寝始めました。

いびきもかいてみたり、それはもうすやすやと。

ただ時々起きているらしく、なるべく近くで寝てやろうと社長のベッドの横で突っ伏して寝ていると、後頭部に顎乗せてきたり・・・。

あと耳舐めてきたり・・・。

「こんな体勢で抗生物質の副作用でもどしたりされたら、俺は社長の胃液まみれになるんだろうか・・・」なんて思ったものの、甘えさせてやろうとそのままにしてました。

幸い、もどされることもなく一安心。

あとは、寝返りを打ちたいのか、姿勢を変えたいのか、数回立ち上がりました。もしかしたら小便かとも思い、外の小便スポットに連れて行くものの、なさらず。大小の便についてとかきいておけばよかったとちょっと後悔。マーキングの姿勢でしようとしたら倒れそうだしね。

いつもはまめが大声で泣いてもあまり起きませんが、昨晩は気が張っていたのか、少しの動きですぐに起きることができました。

日が出始めてあたりが明るくなり始めた6時ごろ、落ち着きなさそうに立ち上がるので、寝かし続けることはあきらめ、おしっこをするかと思ってベランダに連れて行ったりしたものの、やはりなさらず。

080812_01.jpg
「こないなところで何せいっちゅうんや?」

全然もよおしてないようです・・・。むしろ慣れない三本足でどう動いていいかもわからず固まってました。

しかし、夜中は水も飲み、今朝も水と飲んで餌をちゃんと食べてくれました。

080812_02.jpg
「腕はズキズキするし、うまく立てへんし、ほんま滅入るわー・・・。」

昨日からずっとさがりっぱなしだった尻尾も



大好物の骨付きカルビがくれば振れるくらいになりました。

8時過ぎに実家に戻っていた妻が迎えに来て、いよいよかかりつけの病院へ。


受付が済んでからじきに診察室へ。状況説明をしたあとに、昨日の病院で撮った応急処置前の写真が入ったデジカメを渡し、とりあえずレントゲン撮影。

レントゲン撮影が終わった後は先生からの説明。
症状はやはり開放骨折で、相手の犬に噛まれて折れた可能性が高いようです。太い骨と細い骨の二本ある足の骨は両方とも折れ、写真で見てわかるほど断面がギザギザになっていました。
他に、昨日は擦り傷だと思っていた箇所が、ここ。
080812_03.jpg
お医者さんによると噛まれた傷だそうです。あばらのある場所だから深く刺さらなかったらしく、これがやわらかいお腹だったら致命傷だったとのこと。
応急処置した病院で、腹だったら助からなかった、というのはこれかー・・・と。聞き逃していたのかもしれないけど、改めてぞっとしました・・・。

さて、処置が必要な骨折。
高いところから落ちて折ったというような、骨折部分が皮膚で覆われている閉鎖骨折は雑菌が入っていないために回復が早いそうですが、今回のように犬に噛まれた開放骨折は、相手の犬の口の中の雑菌が確実に入っているため、治りが非常に悪くなり、悪ければ骨がくっつかないままになってしまうこともあるそうです。

早急な手術が必要で、切開後に消毒を行い、プレートを使って骨を繋ぐ手術をするそうです。血液検査をしたところ、異常なし。先生が翌日に出張、その後お盆に入ってしまうため、急遽午後に手術を行っていただくことになりました。

とりあえず、医師の手に預けたことと、今後の方針が決まったところでとりあえず安心しました。悪いことを考え始めればキリがないので、とりあえず手術の成功を祈って後のことは手術の後に考えることに。

かなり疲れていたらしく、この日の夜はかなり熟睡してしまいました。



3日目

昨日午後に病院に電話。その時は手術が終わったばかりで麻酔が切れるのを待っている時でした。手を煩わせてはいけないと思い、後日電話をすることに。

日中は前々から約束していた友人宅へ行き、帰りに他の用でホームセンターへ。すると、まめと一緒にペットコーナーに行っていた妻が、介護用のハーネスを見つけく~が帰ってきた後に役に立つかな?」といっていました。
うちは自営業なので家にいることはできますが、それでも今週末の東京出張をキャンセルするつもりでいます。退院直後の社長と、まだまだ乳飲み子のまめを、妻一人にまかせるわけにもいかないと思っているのですが。
11日に骨折、12日に手術、退院は予定では16日です。この退院するときの様子がわからないので不安です。骨折後のこの時期は、どんなケアが必要なんでしょう??とりあえず、今晩病院に電話をしたら、術後の説明があるため明朝11時に病院に行くことになったので、そのときにまたいろいろ聞いてこようと思います。

心配事といえばもうひとつ。明日、加害犬の飼い主の母親が家に戻ってきます。帰宅したら連絡をしてもらえるよう伝えてあるので、当時、散歩をしていた息子とともに事実確認、今後の話し合いをする予定です。

事前に妻と打ち合わせをしたのは、
1.後で言った言わないの話になると困るので、ビデオなどを持って話し合いを記録する。
2.お互い、今後の接触は最低限にしたほうがいいと思うので、その方向で話をする。
3.事故直後に、相手自宅にて当人とその兄と一緒に行った事実確認を共通理解とする。
4.それをお互い了承したら、治療費は全額持ってもらう。
5.念書、覚書を交わすために紙とペンを用意する。

明日の相手の態度しだいですが、できるようなら明日大部分を終わらせたいです。もし、そうでなければ近々、別に話し合いの場を設けなければいけないかもしれません。

インターネットで調べると、話し合いがスムースにいかない場合、弁護士をたてて裁判になることもあるようです。その前に警察にいった方の記事によると、証拠は写真などでできるだけ集めておくことが大事なようです。

とにかく感情は抜きにして、相手方の責任を果たしてもらうこと、今後同じような事が起きないよう、しつけも含めて飼い方を改めてもらうことを求めようと思っています。

とにもかくにも、一番望んでいるのは社長が前のように走りまわれる体に戻れることなんですよね。走れない、歩けない、足の切断なんてことになったら、と思うとそれこそぞっとしますが、もし仮にそうなっても一生面倒をみる、という覚悟を改めてしなければいけないですね。

「ペットは家族の不幸を持っていく。」とよく言うので、うちの家族の不幸や災難を社長が請け負ってくれたと考えたら、今回のことを教訓にどう生かすか考えないと、それこそ社長の骨折り損になってしまう。すでに事が起こってしまった以上、それだけは絶対いやだねぇ・・・
という話を妻としました。




ここからは話し合いの証拠として撮影した事故直後の社長の写真などを載せます。骨折の症状や、今回のことを参考にされる方のために載せておきますが、みるからに痛々しいので、あまり見ることは勧めませんので、あしからず。


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンド
続きを読む

テーマ:イタリアングレイハウンド - ジャンル:ペット

23:00:00 | 骨折治療 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
骨折初日
2008 / 08 / 11 ( Mon )
毎日暑い日が続きますが、最近夕方に大雨が降るおかげで気温が落ち着いてきたように感じます。

ただし、そのせいで散歩の時間がいつも雨。昨日は、妻の実家で久しぶりにストレス発散した社長。

080811_01.jpg

こんな感じではしゃいでいたのですが・・・本日、骨折してしまいました(--;。


夕方の散歩、いつもの通り走っていたら前方に他の犬。いつも犬の横を走りながら通り過ぎるときはリードを短くし、道の反対側を通ります。土手に比べて道も広めなので、特に心配もせずに通り過ぎようとしたら・・・

その犬が襲い掛かってきました

シモの処理をしていたその犬の飼い主はリードを放していたらしく、飼い主の手元を離れて社長のところまで一直線。社長が逃げて自分の後ろにまわったところで「ギャンギャンギャン!!」と社長の悲鳴。
ちょうど下り坂で勢いがついていたのですぐに止まれず鳴きながら数メートル進んだ後、泡を吹いて啼きながら地面を転がる社長。

慌てて抱きかかえてみると、体や耳などいたるところに擦り傷、血痕、そしてプラーンプラーンと揺れる左前足・・・。

飼い犬を抱きかかえるように捕まえているその犬の飼い主に苦情を言い、手間取りながらも連絡先を聞いてから急遽自宅に戻り、妻の実家に娘を預けたあとに、かかりつけの動物病院が営業時間外だったため、開院している動物病院へ。

到着してすぐは、全身を震わせていた社長。落ち着いたところで、麻酔を打ち、その後今晩の痛み止めと抗生物質を打ち、足を固定。
異常なほどブルブルと震えているのに、落ち着いてこれからする処置を説明する獣医さんに一瞬不安を感じましたが、さすが専門家。状況と程度がわかっていたからこそ、だったようで説明を交えながら速やかに処置してくれました。
体に数箇所細かい傷があるものの、重傷はやはり骨折。開放骨折(帰宅後、参考にしたHP)。こちらも相手も襲われた瞬間は見ていなかったのですが、噛まれた箇所が骨折した可能性が高いようです。骨折した左前足から出血していましたが、どうやら噛まれた、もしくは折れた骨で損傷した傷のようです。「この子はすごくいい骨格してるから、相当ひどくやられたんだねぇ・・・。」と獣医さん。大きさは、大きめな中型犬サイズだったけど、茶色い毛がモフモフしてて、体重が3倍くらいありそうだったからなぁ・・・。

それでも、獣医さんによれば不幸中の幸いだったのは傷が前足だったということ。同じような噛まれ方を、もし腹でされたら恐らく助からなかったらしいです。そして、犬同士の相性はかならずあって、相性の悪い犬はいつも相手に襲い掛かる機を狙っているとのこと。改めて犬の野生を感じました。

処置後、お陰で大分表情に正気が戻ってきた社長。手術はかかりつけの病院で、ということなので今日は家に連れてきました。

今晩は近くで寝てやらないと、と思っていたけれど社長を抱きかかえて身動きが取れない中、妻がいろいろとセッティングしてくれました。

その後、娘を預かってもらっている実家には妻に行ってもらい今晩はそちらで泊まるようにしてもらいました。

最初、お泊まりようケージの中でおとなしくしていた社長ですが、手を洗いにすこし離れたら三本足で立ち上がっていました。

寝てじっとしてて欲しいので、抱きかかえて寝かせようとしますが抵抗する社長。やむなくケージはあきらめてベッド用洗濯籠の中で横になってもらいました。

080811_02.jpg

かなり社長も疲れていたのか、その後はじっと大人しくしてくれています。

足の支えをいたずらしないようにエリザベスカラーをつけさせ、ベッドの中は古いTシャツを詰め込んでバスタオルでカバー。エリザベスカラーをつけていても寝やすいように頭のところにクッション代わりにTシャツを入れています。
ベッドの下は粗相をしてもいいようにビニールシート、とりあえず今晩はこれでしのいで明朝、かかりつけの動物病院に行ってきます。

今日の獣医さんの説明だと、抗生物質などを打った為、今晩もどすことがあるかもしれないとのことです。

動物病院で社長が落ち着いたころに気がついた自分の傷。パニックになって暴れる社長を抱えているときに左親指をかまれていました。肉がえぐれて、爪がわれ、血豆と出血した箇所がありました。結構血が出ていたので、社長の体には細かい傷しかなかったので、血痕は自分の血だったかもしれません。
動物病院では、まず傷口から出せるだけ血を出すように言われて搾り出しました。続いて浴びせるように消毒液をかけ、軟膏を塗って絆創膏で処置。こちらもあまり深いようなら病院に行ったほうがいいかもしれません。
社長に比べればさしたる痛みではないですが、でもやっぱり痛い(--;。

080811_03.jpg
「なんや、頭がぼーっとすんねん・・・」

痛み止め効いてるからだろ。そのまま横になってなさいよ、社長。


社長が落ち着いてからは、「犬、イタリアングレイハウンド、骨折」などで情報収集。その中でほっとさせてもらったのがこちら→三十路のマイホーム生活。ベッドの上から落ちて骨折したものの、経過が順調なイタグレさん。骨折の仕方によっては、一生びっこを引かなくてはならない可能性もあるとのこと。覚悟は一応しておくものの、時間はかかるかもしれないけど、いつか元のように走り回れるようになれればいいなぁ・・・。

080811_04.jpg

やっぱり抜群の運動神経が社長の魅力のひとつだしね。

他にも骨折したイタリアングレイハウンドの様子が綴ってあるブログが大変参考&励みになったので、自分もこうして記録に残すことにしました。絶対にないほうがいい事ですが、もし他に飼い犬が骨折してしまった方がいたときに、同じように参考&励みになれば幸いです。

とりあえず、明日は朝一で病院に行ってきます。治すことが第一ですが、「結構かかりますよ」という獣医さんの言葉も心配です・・・(--;。相手の飼い主の保護者とは夜に連絡がついたものの自宅に戻るのは数日後。費用負担については後日話し合いをすると思われます。


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンド

テーマ:イタリアングレイハウンド - ジャンル:ペット

23:00:00 | 骨折治療 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
避暑地
2007 / 08 / 11 ( Sat )
段々と暑さが厳しくなる中、何をされても動かないほどぐったりしてきたく~。一度寝始めると口を開けられてもリモコン置かれても全然動きません。

車の中でも、体温の高い妊婦と密着するのが苦になってきたらしく、車に乗り込んでも、妻の膝の上に乗ろうとしない。

070811_1.jpg

「あっついなー。日差しが痛いっちゅーねん。」

しばらく日なたで放置された車の中は、人間もたまらない。早速エアコンをつける。

070811_2.jpg

「お、なんかこっから出とるで!」

エアコンの足元の送風口がそこにあるんだよ。じき涼しくなるからな。



070811_3.jpg

「おかん!ここめっちゃ涼しい!」

そうだろう、そうだろう。
さて、そろそろ車内も涼しくなってきたし。出発しよか。



070811_4.jpg

「あ~、極楽や~~。」




そこはどけって。そんな所に居たら運転できないだろう・・・。


それぞれ一日一回有効
↓クリックで「犬と旦那」がランクアップ!↓
人気Blogランキングにほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンド
2つのブログランキングに登録してます。応援よろしく~。

テーマ:イタリアングレイハウンド - ジャンル:ペット

23:13:20 | 骨折治療 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。